早漏治療薬の効果

投稿者: | 2021年10月12日

病気の一つとして認識されています

早漏治療薬は射精時間を延長する効果がある薬です。
射精が起こるのは交感神経が興奮や緊張などに傾くことが理由で、一般的な認識として早漏が蔑称のように扱われるケースがありますが、EDと同じく治療が必要な症状です。
海外では病気の症状の1つとして考慮されており、早漏治療には早漏治療薬が用いられています。
気の持ちようで改善するものではなく、しっかり対策することによってパートナーも満足でき性行為ができるようになるでしょう。
早漏に悩んでいる状態が続くと、ストレスからEDに発展するケースもあるので軽視してはいけません。
早漏治療薬にはいろいろな種類や効果があり、飲み薬タイプやスプレータイプなどを利用することが可能です。
人体に優しい成分が含まれているので安心して利用することができ、中にはパートナーに気付かれずに利用することができます。
さまざまな種類があるので、自分に合ったものを選択することが可能です。

安心して利用できます

ダポキセチンは有名な早漏治療空理で、早漏の症状に有効と言われているプリリジーの成分名です。
このダポキセチンが配合された医薬品のジェネリック薬もあるので、便利に活用することができます。
ダポキセチンには早漏の原因の一つである、脳内神経物質アドレナリンについて過剰分泌を抑える作用があります。
スプレータイプは局所麻酔に使用されている成分で、リドカインが含まれているアイテムです。
亀頭や陰茎にスプレーすることによって麻酔効果にから性的刺激を鈍らせることができ、射精時間を延長することができます。
これらの薬は厚生労働省から輸入許可を得ており、安心安全に処方することが可能です。
ダポキセチンは海外では効果が認められており、一般的に使用されています。
リドカインは第2類医薬品に指定されており、これは鼻炎スプレーに含まれているので処方箋がなくても購入可能です。
スプレーの場合ダポキセチンやED治療薬などと併用することができ、より効果を発揮することができます。

まとめ

ダポキセチンは行為の1時間前に服用し、24時間空けてから利用します。
スプレーは行為の30分前にスプレーを2~3回吹き付けることが可能です。
30分ほどで成分が浸透し、シャワーで流したりコンドームを使用しましょう。
このようなアイテムがいろいろあるので、自分に適したものを選ぶことによって、長年の悩みやコンプレックスを解決することが可能です。
決められた用量で利用し、併用することによって早漏効果が期待することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です